さびない技術と工夫 ステンレス特注品 みよし工業株式会社

BLOG

ハステロイ溶接試験

ハステロイという金属をご存じでしょうか?

ステンレスより耐食性が高く、塩酸や硫酸などの腐食性が非常に強い酸では、チタンより耐食性が高い金属になります。

単価も高く、通常のステンレスの約20倍で、溶加棒もビックリな金額です。

原子炉、化学プラント、発電装置、などに多く使われている金属だそうです。

以前にもハステロイ製品の製作相談の話しがありましたが、今回正式に製作依頼があり、切断、曲げ、溶接の試験を行いました。

目では見えない溶接部の試験を、山形工業技術センターさんに引っ張り試験、マクロ試験をお願し、先日結果を連絡頂きました。

溶接箇所から少し離れた母材部分から破断している為、【溶接強度=母材強度】となり溶接強度は十分に保たれている事になります。

職人さんもホッとした様です。

切断、曲げ試験も上手くいき、製品の製作に入ります。

 

最近の記事

HOMEへ