さびない技術と工夫 ステンレス特注品 みよし工業株式会社

BLOG

真空容器の製作

マンガのキャラクターに似てる気がしますが、大きめの真空容器の製作中です。

こちらの容器は、容器内に滞留を防ぐ為、内側研磨仕上げになります。

何と言っても気を使うのは気密性の確保です。

最大500kgのワークが入る、約700㎜×600㎜の開口が空いてる為、そこを蓋する扉の合わせが職人技です。

何も工夫もせずに溶接すると、厚さ30mmも有るフランジでも1mで10mm以上は簡単に歪みます。

扉は人の手で押して真空が引けるくらいまで合わせ込む為、上下、左右、対角、1mで1mm以内のまで調整します。

 

 

最近の記事

HOMEへ