さびない技術と工夫 ステンレス特注品 みよし工業株式会社

お問い合わせ

当社の主な仕様は以下の通りになります。
お問合わせ頂く際の図面、概略図等の参考にして頂ければ打合せがスムーズです。
※大変恐縮ではありますが、ステンレスの品質維持の為、鉄等の取扱いはいたしておりません。

  • ステンレス

    SUS304
    SUS316
    SUS316L
    SUS430

  • チタン

    1種 TP270C
    2種 TP340C

  • アルミ

    ジュラルミル
    アルミ各種

  • C1100

    C1220

  • 2B(素地)

    素地のままの仕上げ。溶接した箇所は焼け取りか、グラインダー等でビードカットした面の仕上がり。装置関係での指示が多い。キズがNGな品物は2B仕上げと指示頂き、通常の2Bと分けて考えている。ステンレス以外とSUS430の素地面は写真と異なる為、ご注意ください。

  • #400

    学校、病院の手洗いシンクや、食品、半導体装置関係で多い仕上げ。汚れが入り込む傷が無い為、清掃性が良い。鏡面まで磨かず、ボヤっと顔が写る程度の仕上がり。内面研磨は、外面研磨より輝きが落ちる点にご留意ください。

  • HL(ヘアーライン)

    普段の生活で使う、ステンレス製品で一番多い仕上げ。#400より光沢が無く、高級感、重量感が出る。一定方向、直線に傷を付ける加工。工程が増える為、#400研磨より割高になる。傷が目立つ為、人が触れる箇所では不向き。

  • バイブレーション

    近年、増え始めた仕上げ。新しいビルのエレベーター枠で目にする事がある。光沢が少なく主張しない為、木工との相性も良い。傷が目立ちに難く、住宅向けのオーダーシンクで注文頂く事が多い。円弧でまだらに傷を付ける加工。HLと同様、工程が増える為、割高になる仕上げ。

  • 鏡面

    ぞくに言う鏡面仕上げで、鏡としても使えるくらい、きれいな光沢や写像性を持つ仕上がり。板の状態では#800だが、溶接仕上げ部分は#600まで落ちる点にご留意ください。建具などは、ノックダウン構造や、#800の面材をボンドで貼付けるなどの工夫をしてなるべく溶接をしない設計が多い。

  • ビーズブラスト

    指紋がつきにくい、光沢が少ないスリガラスの様な仕上がり。ガラスビーズを材料に打ち付け、表面に凹凸を付ける加工。かなり割高になり、加工できる大きさや形状が限られている点にご留意ください。

  • no image

    グラインダー仕上げ

  • no image

    焼け取り

  • シンク用語説明

    縦R25、底R20が基準。R10、R30なども対応可能。

  • 水返し

    シンクから水がこぼれ難くする加工調理台などの、作業台付きシンクにご指示頂く事が多い。

  • プレスシンク

    既製品のシンクを特注天板に溶接。衛生面からシンクは全周溶接で製作。

  • 框R交わり加工

    幼児が使用するシンクでご指示頂く事が多い加工。

  • 銅シンク

    茶室などのシンクが多い。出荷時は素地に合わせた仕上げの為、光沢が有るが使っていると緑錆していく味のあるシンク。

  • 結露防止マット貼り

    シンク裏面の結露による、カビや虫の発生、また木部が腐ったりするのを予防する物

  • 全周溶接

    気密性、強度が必要な所に用いる加工。ステンレスは歪みやすい為、全周溶接が多い分だけ難易度が上がり、手間も格段に増える。

  • ピッチ溶接 L(n)-P

    必要最低限の箇所を溶接。歪みも最低限に抑えられる。

  • 裏波溶接

    溶接面だけでなく裏側にもビードを出す溶接方法。液溜まりがダメな薬液配管、食品配管部品などに用いる加工。

  • 内面研磨

    ホッパーなどの内面を、液溜まりや粉体残りの清掃性を良くする為に、バフがけする加工。

  • コンベアフレーム

    焼け取り

    溶接による表面の焼けを、電解機で焼け取りを行う処理。

  • 浸透探傷検査

    タンクや、槽などの液体漏れが厳禁な製品に行う検査方法。

  • 加圧検査

    圧力容器などの、気密レベルが高い製品に行う検査方法。

  • no image

    レーザー溶接

  • no image

    肉盛溶接

  • no image

    スポット溶接

  • 全周溶接

    電波の漏れを防ぐ為、板の合わせ部を全周溶接する加工。

  • 電波シールド扉

    測定周波数 10M㎐~130M㎐ で100dbの減衰 片開、引戸、両開、自動ドア

  • no image

    電波シールド部材

    電波シールド窓、空調口、導波管、クエンチ管

  • 框扉

    ガラスが入る扉

  • 防音扉

    扉、枠に特殊な遮音材、吸音材を用いた扉

  • 路線便

    ヤマト運輸、第一貨物の路線便で発送

  • チャーター便

    重量、サイズ面で路線便で発送出来ない品物、工事現場など荷降ろし待ちが必要な配送先の場合

  • コンテナ便

    路線便で発送出来ない品物で、北海道や、九州方面の配送先の場合

  • 弊社工場お引き取り

    簡単な梱包な為、梱包費等は、かからずお渡しできる。

メールかFaxにて図面等をご送信頂き、その内容で電話にて打合せさせて頂きます。
上記以外の仕様や、初めての試みなども、積極的にチャレンジ致します。
お気軽にお問合わせください。

お問合わせの際のお願い

図面、概略図には図面板厚表面仕上げ寸法等をご記入ください。
板金加工は機械加工とは違い、図面に全ての仕様を盛り込む事は難しく、お任せ頂くことがあります。
特に溶接を多く要する作業では、ネジれ、歪み、割れとの戦いのため、職人の判断で工法を決定します。
そのため、ご依頼品の用途や、よく目につく面などを具体的にお伝え頂ければ、
より良い品物を製作することが可能です。

ご注文の際は、以下の資料をご用意ください。

注文書 + ご依頼品の注文図

※ご依頼品の仕様を弊社検査がチェックし、良品確認できる図面

注文図例 1 注文図例 2 注文図例 3

注文図がない場合

概略図を元に打ち合わせを行い、受領図を弊社で作図致します。
ご確認後、受領頂いた受領図を注文図とさせて頂きます。
受領図のほとんどが、お客様からの概略図へ追記し注文図とさせて頂いております。

※例1、2のような受領図は、作図費と作図+製作の納期を頂いております。

概略図例 1 受領図例 1(弊社作成)
概略図例 2 受領図例 2(弊社作成)

製作納期は、その時の受注量で異なりますが、通常3週間~1ヶ月頂いております。
短納期の製作とは言えませんが、
お約束の納期に、確かな物を、正確に納品させて頂くことに重きを置いてます。
お問合せ、ご注文、お待ちしております。

  • 所在地
    〒990-2211 山形県山形市大字十文字字韮窪北3455-118GoogleMapで見る
  • 電話番号
    023-686-4747
  • FAX番号
    023-686-2647
  • メール
    mail※miyoshi-i.com(※を@に変更してください)
  • 受付時間
    9:00-17:00 (土日祝を除く平日のみ)
HOME